『作兵衛さんと日本を掘る』

「けっきょく、変わったのはほんの表面だけであって、底のほうは少しも変わらなかったのではないでしょうか。炭鉱はそのまま日本という国の縮図に思われて、胸がいっぱいになります。」(炭坑画家・山本作兵衛

f:id:Mjqq:20190716125017p:plain

7/21(日) 12:30の回上映後
 ゲスト : 宮台真司社会学者) × 熊谷博子(監督)

7/22(月) 12:30の回
 ゲスト : 古今亭菊千代(落語家) × 熊谷博子(監督)

7/25(木) 12:30の回
 ゲスト : 永田浩三(元NHKプロデューサー・武蔵大学教授) × 熊谷博子(監督)

7/27(土) 12:30の回
 ゲスト : 西村健(作家) × 熊谷博子(監督)

7/28(日) 12:30の回
 ゲスト : 金平茂紀(TVキャスター) × 熊谷博子(監督)

7/31(水) 12:30の回
 ゲスト : 神保哲生(ビデオジャーナリスト) × 熊谷博子(監督)

 

☆ポレポレ東中野☆

 

 

新装版 画文集 炭鉱に生きる 地の底の人生記録

新装版 画文集 炭鉱に生きる 地の底の人生記録

 

 

筑豊炭坑絵物語 (岩波現代文庫)

筑豊炭坑絵物語 (岩波現代文庫)

 

 

第3回 宮台真司の映画批評ラボ

f:id:Mjqq:20190714033641p:plain

《第3回批評選定2作品》
ロウ・イエ 監督「スプリング・フィーバー」2009
アピチャッポン・ウィーラセタクン 監督「トロピカル・マラディ」2004

第3回 宮台真司の映画批評ラボ
2019年7月27日(土)19:00~21:00 / 30分前開場
講 師:宮台真司さん(社会学者・映画批評家首都大学東京教授)
定 員:50名(先着順)*要予約 満席になり次第キャンセル待ち申込に切り替わります。
料 金:¥2,500 税込/おいしいコーヒーか紅茶付き
大学生¥2,000 高校生以下¥1,500
会 場:下北沢・ダーウィンルーム〈2F〉ラボ

《お茶を飲みながら作品を鑑賞する特別夜会》
日 程 調 整 中
会 場:下北沢・ダーウィンルーム〈2F〉ラボ

 

第3回 宮台真司の映画批評ラボ 2019年7月27日(東京都) - こくちーずプロ(告知'sプロ)

 

 

正義から享楽へ-映画は近代の幻を暴く-

正義から享楽へ-映画は近代の幻を暴く-

 

 

「世界」はそもそもデタラメである (ダヴィンチブックス)

「世界」はそもそもデタラメである (ダヴィンチブックス)

 

 

 

そもそも日本の最低賃金では普通に生活できないことが問題

そもそも日本の最低賃金では普通に生活できないことが問題

www.youtube.com

藤田孝典氏(NPO法人ほっとプラス代表理事

マル激トーク・オン・ディマンド 第953回(2019年7月13日)

名ばかりの支援策ではなく、意義のある働き方ができる社会をどうしたらつくれるのか、自らも就職氷河期世代である藤田孝典氏と、社会学者の宮台真司氏とジャーナリストの迫田朋子が議論した。

 

VIDEO NEWS » そもそも日本の最低賃金では普通に生活できないことが問題

 

20年後、子どもたちの貧困問題 (社会運動 No.426)

20年後、子どもたちの貧困問題 (社会運動 No.426)

 

 

 

「屋上に、身を置く者は、つながれる」

 

moonlessdawn.com  

若松孝二 反権力の肖像

若松孝二 反権力の肖像

 

 

ゆけゆけ二度目の処女 [DVD]

ゆけゆけ二度目の処女 [DVD]

 

 

ガン大国日本で食品添加物が選挙の争点にならない不思議

マル激トーク・オン・ディマンド 第952回(2019年7月6日) ゲスト:小薮浩二郎氏(食品評論家) 司会:神保哲生 宮台真司

www.youtube.com

食品添加物の安全基準の強化と見える化の必要性を訴える小薮氏と、ジャーナリストの神保哲生社会学者の宮台真司が議論した。

 

VIDEO NEWS » ガン大国日本で食品添加物が選挙の争点にならない不思議

 

 

食品添加物用語の基礎知識

食品添加物用語の基礎知識

 

 

ちょっと高くても、コッチ!

ちょっと高くても、コッチ!

 

 

「ひとりの時間の、つくり方」

 

 

&Premium(アンド プレミアム) 2019年 08 月号 [ひとりの時間は、大切です。]

&Premium(アンド プレミアム) 2019年 08 月号 [ひとりの時間は、大切です。]

 

 

映画『JKエレジー』

www.youtube.com

ラストの桐生八木節が圧巻だ。一度はバラけた仲間が文字通り「言葉の外」「法の外」で繋がる。「言葉の自動機械」と「法の奴隷」に堕した「損得人間」には「愛と正しさ」が生きられない。「社会が荒野」になるほど「仲間の真実」が浮かび上がる。ワクワクする時代が始まった。

宮台真司社会学者)

 

jkelegy.com