『本土復帰50年「沖縄問題」を深掘りする』

5/19(木)21時~配信決定 前泊博盛 宮台真司 ダースレイダー 司会:ジョー横溝 『本土復帰50年「沖縄問題」を深掘りする』深掘TV ニコ生

沖縄本土復帰50年を総括しつつ、沖縄問題=基地問題、安全保障、日米地位協定
更に…沖縄と憲法、県知事選挙の行方、沖縄の未来…を深掘りします。
ゲストは沖縄国際大学大学院教授の前泊博盛氏。

●日時:5月19日(木)21時から生配信
●ゲスト:前泊博盛(沖縄国際大学大学院教授)
●出演:宮台真司社会学者) ダースレイダー(ラッパー)
●司会:ジョー横溝(『君ニ問フ』編集長)

live.nicovideo.jp

 

 

偽りの沖縄返還を暴いた伝説の記者・西山太吉の遺言

偽りの沖縄返還を暴いた伝説の記者・西山太吉の遺言 | マル激トーク・オン・ディマンド (第1101回)  2022年05月14日

www.youtube.com

 

西山太吉(にしやま たきち)
毎日新聞記者

 

 沖縄が返還50周年を迎える今週、マル激はジャーナリストの神保哲生社会学者の宮台真司が福岡県の小倉に西山太吉氏を訪ね、西山氏とともに当時の日米関係と、その後、日本が歩んだ道をどう考えるかなどについて議論した。 

 

www.videonews.com

 

 

 

 

追悼番組・中山俊宏先生 オバマの民主党は何に敗れたのか

オバマ民主党は何に敗れたのか
マル激トーク・オン・ディマンド マル激トーク・オン・ディマンド (第499回) 2010年11月06日

 

中山俊宏先生の2022年5月のご逝去を受けて、過去の番組を追悼番組として無料で放送いたします。

 

 人気絶頂からわずか2年でアメリカの凋落の象徴へと転落したオバマ政権の失敗とは何だったかを検証し、2年後の大統領選挙への課題を中山氏とともに考えた。また、この選挙結果がアメリカの国内外の政策、とりわけ対日政策に与える影響も議論した。

 

www.videonews.com

 

 

 

 

 

 

追悼番組・新藤宗幸先生 安倍政権の下で無法地帯と化した霞ヶ関をどうするか

新藤宗幸先生の2022年3月のご逝去を受けて、過去の番組を追悼番組として無料で放送いたします。

安倍政権の下で無法地帯と化した霞ヶ関をどうするか
マル激トーク・オン・ディマンド マル激トーク・オン・ディマンド (第989回) 2020年03月21日

 

われわれが民主的かつ市民のために働いてくれる政府を取り戻すためには、政治に対する投票行動も重要だが、それと同じくらい霞ヶ関の復興が不可欠だ。今、霞ヶ関がどのような状態に陥っているのか、どこに問題があり、そのために何がなされなければならないのかなどを、これまで官僚機構に対しても数々の貴重な提言を行ってきた新藤氏と、ジャーナリストの神保哲生社会学者の宮台真司が議論した。

 

www.videonews.com

 

 

 

 

 

 

時事キャッチVol.26 “愛と性愛を軸に世相をキャッチする”

2022年5月30日(月)@阿佐ヶ谷ロフトA
【時事キャッチVol.26 “愛と性愛を軸に世相をキャッチする”】
OPEN 18:30 / START 19:00
会場観覧
前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500(要別途飲食代)

【出演】
宮台真司(社会学者)
石丸元章(GONZO作家)

【ゲスト】
佐々木チワワ(ライター)

ロフトチャンネルでの生配信番組、時事キャッチ。
会場は阿佐ヶ谷ロフトAからお届けします。
近年話題のニュースを取り上げ、世の中の動向をキャッチしていきます。
コロナ禍における一つの指針となるべく、今後の日本について思索していきます。
今回のゲストは二回目の登場「ライター」佐々木チワワさんです。
ご視聴、ご来場お待ちしております。

https://peatix.com/event/3243714/view

 

twitcasting.tv

 

 

 

 

 

 

われわれ一人ひとりが翼を持てば自由を手放さずとも社会を変えることはできる

[見田宗介(=真木悠介)教授追悼特別番組]われわれ一人ひとりが翼を持てば自由を手放さずとも社会を変えることはできる
マル激トーク・オン・ディマンド マル激トーク・オン・ディマンド (第1100回) 

www.youtube.com

今回のマル激は見田教授の追悼番組として、大澤真幸宮台真司の見田教授の愛弟子二人が、見田氏の代表作である『気流の鳴る音』、ヒューマニズムの対象を人間のみならず動物にまで広げてみせた『自我の起原』、見田学の基本とも呼ぶべき『現代社会の存立構造』(以上いずれもペンネーム真木悠介として出版)、見田氏が愛してやまなかった『宮沢賢治』、永山則夫との交流に基づく『まなざしの地獄』などの著作を紹介しつつ、見田氏の功績とその理論の卓越性をジャーナリストの神保哲生とともに振り返った。

 

www.videonews.com

 

 

 

 

 

 

 

宮台さんの「性愛教育」

 

 

「好きな相手が他の人に向いているときの嫉妬のようなものの出所は相手を物として見るような「所有欲」があるからではないかと。相手が幸せになることが自分の幸せになるのではないかと、まず考えることの大切さを述べる。」

okazaki-oha.jugem.jp

「それは、上から目線で「教えてやるよ」というより、若い君たちと同じ社会に私自身も生きているんだよ、というある意味「エール」にも似ている。」

okazaki-oha.jugem.jp

 

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com